女性活躍 企業の取り組み バイエル薬品

2017年11月27日

女性活躍のために、働く人の健康増進や健康に配慮した職場環境づくりに先駆的に取り組む企業・団体の皆さまにお話をうかがいました。
どのような経緯で社内での取り組みが始まったのか、現在どのようなことに取り組んでいるのかなど、ご紹介していきます。
第1回 バイエル薬品

バイエル薬品 ウイメンズ・ヘルス プロジェクト活動


お話  松原 爽様
バイエル薬品株式会社
ウイメンズヘルス&エスタブリッシュトプロダクツ事業部
ウイメンズヘルス・マーケティング
OC&HRTフランチャイズ プロダクトマネジャー

 

 

製薬会社として、「健康」に敏感に前向きに

 

 バイエル薬品はドイツに本社を置くヘルスケアと農業関連のライフサイエンス領域を中核事業とするグローバル企業、バイエルのヘルスケア事業グループの一社で、解熱鎮痛薬「バイエルアスピリン」をはじめとする一般用医薬品から医療用医薬品、動物用医薬品など、多岐にわたる製品を取り扱っています。

製品の中には婦人科領域の製剤も含まれており、また女性社員も年々増えてきています。女性の健康に関わる事業も手掛けている会社として、より女性の健康に対する認知・理解を高める必要があるのではないか、それが社内の女性社員の活躍も後押しするのではないかと考えたメンバーが2013年に「ウイメンズ・ヘルス プロジェクト」を立ち上げました。

 
 

社内有志による活動の立ち上げ

 

プロジェクトの中核となるメンバーの一人であったのが松原さんです。ご自身が前年に「女性の健康検定」を受け、女性の健康への社内意識を高める重要性の認識を深めていました。「私自身が先に『女性の健康検定』を受けた時に勉強になったことも多かったので、女性の健康を知る機会をつくっていきたいと思ったんです。健診率も上げていきたいですし、男性にも知ってもらえるといいと思いました。当社はもともと、社内有志がボランティアや勉強会などテーマごとにプロジェクトを立ち上げられる仕組みがありまして、それを使って立ち上げました。メンバーは人事、広報、事業部社員やリサーチ担当社員など各部門から参加していて、男性も一緒に活動しています。」

 

「女性の健康検定」は団体受検を活用

 

まずは社内での問題提起をするために、全社員へのアンケートを実施しました。そこでわかったのは、女性社員の60%が月経随伴症状で仕事への影響を感じていた点でした。さらに社内制度はある程度整備されていたのですが実際はなかなか使われておらず、また症状が重い人の婦人科受診も進んでいませんでした。
女性には「月経困難症」や「更年期症状」など、女性特有の体の理解を深めてほしい、男性には女性の健康問題が労働損失になることもある点や、家族を含めて周囲の女性への理解を深めてほしいと思ったプロジェクトメンバーは、そこから様々な啓発活動を始めました。たとえば社内で啓発のための「女性の健康講座」を実施し、イントラネットサイトでの情報発信、「女性の健康検定」の受検紹介などです。検定は団体受検を活用して社内で希望者に受けてもらえるようにしました。「受検希望者にはプロジェクトで書籍購入の支援をしていて、できるだけ多くの人にうけてもらいやすいような取り組みもしています。」

 

男性に向けた「女性の健康講座」も好評

 

年数がたつにつれ、プロジェクトの活動も広がりをみせています。「社員の家族向けにも啓発したいと、健保の配布物にリーフレットを同封しています。また男性だけを対象にしてもらった方が参加しやすいとの要望があり、今年はじめて男性の先生を講師とし、男性に向けた「女性の健康講座」も実施したんです。外部から先生をお招きし、近年の社会背景や女性に起こる変化や向き合い方などを話していただきました。」と松原さんは話します。男性は女性と一緒の勉強会に参加すると遠慮してしまう質問もあるのでしょう。男性向けだからこそ聞ける内容も多く、大好評に終わったとのことです。
講座や情報発信を続けている中で認知・理解は高まりつつあり、自ら婦人科受診をする女性社員や、家族に婦人科受診を促すケース、また「女性の健康検定」の活用者も増えてきています。一方さらなる認知・理解の促進やグループ会社への展開など、まだまだやることはたくさんあると言います。松原さん自身は仕事でも婦人科領域の製剤を扱っている立場なので、外部向けに話す機会や寄稿する機会にも直接発信することもあるそうです。様々な機会を通じて男女問わず理解・認知がより高まっていけばと熱心な想いをお話しいただきました。

 


バイエル薬品株式会社
事業概要:医薬品・医療機器・動物用医薬品の開発・輸入・製造・販売
所在地:530-0001 大阪市北区梅田2-4-9 ブリーゼタワー
URL:https://byl.bayer.co.jp/
2013年度「女性の健康とワーク・ライフ・バランス アワード」推進賞受賞→ 「女性の健康とワーク・ライフ・バランス アワード」

 


「女性の健康検定」を社内の意識向上に活かしてみませんか。団体受検や出張検定も可能です。
  →→→ 「女性の健康検定」