第3回「女性の健康カフェ」(大阪)終了、ありがとうございました

2019年4月25日

盛況のうちに終了しました。
ご参加くださった皆さま、お力添えいただいた皆さま、ありがとうございました。
また、当日の模様が読売新聞4月26日関西地方版で掲載予されています。ぜひご覧ください。
次回は6月を予定しています。日程は決まり次第HP等でご案内いたします。


  催しの様子をお知らせいたします ~レポート~


最初に、当会大阪支部の松原より「月経痛は我慢しない ~現代女性の月経との付き合い方~」と題してミニレクチャーを行いました。
意外と知らない月経のメカニズムについて、現代女性に増えている月経に関連する疾患について、等をお聞きいただきました。

レクチャーの後は、テーブルを囲み語り合いの会。当協会認定「女性の健康推進員」も交えて、日頃の思いを話し合いました。
「正しい月経について知る機会がなかった」
「ほとんどの女性が月経トラブルを我慢している」
「上手に婦人科にかかるにはどうしたらよいか」
等が話題になりました。

<参加者の声>
「多様な悩みが聞けて参考になった」
「ピルについて勉強になった」

ありがとうございました。


  ミニレクチャー「月経痛は我慢しない ~現代女性の月経との付き合い方~」


講師:女性の健康とメノポーズ協会大阪支部・薬剤師 松原爽

日常生活で月経の影響を受けている女性は約7割にものぼり、仕事のパフォーマンスをみてもその影響は大きいことが分かっています。
更に、現代女性は出産回数が減るなどライフスタイルの変化から昔の女性と比べ生涯にわたる月経回数が大幅に増えていることから、月経に関連する様々な疾患も増えています。
月経と上手に付き合っていくためには、まずは正常な月経を知る必要があり、それと比べ自分自身の月経がどのような状態なのか把握することが大切です。もし月経の異常が3か月続く場合や生活に支障のあるような痛みがある場合は婦人科受診が勧められます。
最近ではこのような月経に関連するトラブルを改善するための女性ホルモン製剤(LEP:エストロゲンプロゲスチン配合剤)も様々な種類が発売されてきているので、選択肢の一つとして正しく知っておくことも大事です。

<正常な月経の目安>
初経年齢:平均12歳
月経周期日数:25日から38日
出欠の持続日数:3~7日間(平均5日間)
1周期の総経血量:20~140ml(夜用ナプキンを昼間使っている人は経血量が多い可能性があります)




開催概要

この催しは終了しました。

女性同士で健康に関する悩みを話し合える「女性の健康カフェ・大阪」
女性特有のヘルスケアに関して正しい知識を持っているか持っていないかで、その後の人生は大きく変わります。
月経トラブルや更年期障害など、あたりまえだけどよく知らないことから女性特有の疾患まで、女性同士で語り合えたらと思っていますので、どうぞお気軽にご参加ください。
皆様のご参加お待ちしています。

 

第2回の様子はこちら →→第2回「女性の健康カフェ」

 

◆日 時
2019年4月22日(月) 19:00~21:00
◆会 場
グランフロント大阪 北館7階 ナレッジサロン
〒530-0011 大阪市北区大深町3-1
*グランフロント北館の北3エレベータをご利用ください 
施設案内 →→→ [グランフロント大阪ナレッジサロン]
◆ミニレクチャー
「月経痛は我慢しない ~現代女性の月経との付き合い方~」
講師:松原 爽
一般社団法人日本女性医学学会認定女性ヘルスケア専門薬剤師
NPO法人女性の健康とメノポーズ協会認定女性の健康推進員
  
ミニレクチャーのあと、語り合いの会として、健康に関する悩みなどを、参加者で話し合います。
◆参加費
無料
◆参加方法
*申し込み・予約の必要はありません。
*原則会員の方のみ参加可能ですが、今回は非会員の方もご参加いただけます。
(入会のお申込みは →→→ [入会案内]
*会場の都合によりご飲食の持込みは禁止です。お飲み物は各自ナレッジサロン内でお求めください

  

◆主 催
NPO法人 女性の健康とメノポーズ協会