協会について

理事長ごあいさつ

女性の生涯を通した健康づくりとワーク・ライフ・バランスを目指して

理事長写真
    女性の健康とメノポーズ協会は、1996年の発会以来、生涯を通した女性の健康づくりとよりよい働き方を推進するために、医療・運動・食事・ライフスタイル、そしてワーク・ライフ・バランスに関する適切な情報発信と啓発・サポート活動を提案型で行ってまいりました。

    女性の健康とワーク・ライフ・バランスの考え方を融合した新しい視点に立ち、市民、行政、医師・医療機関、企業、マスメディアなどへの働きかけを行うとともに、それぞれをつなぐ架け橋となる活動を不偏の立場で行なっております。

理事長 三羽良枝

 


女性の健康とメノポーズ協会の活動内容と社会における役割

circle電話相談(毎週 火曜・木曜)
■「女性の健康検定
及び「女性の健康推進員」「女性の健康と
ワーク・ライフ・バランス推進員」認定・養成
メノポーズカフェ(語り合いの集い 毎月 第1月曜)
■ フォーラム・セミナー開催
■ 女性健康教室講演・講師派遣
■ ウェブ発信・メールマガジン配信
出版物企画・制作
■ メノポーズエクササイズ講習
■ 健康調査・関連学会で発表
■「女性の健康相談対話士」認定・養成

 


女性の健康とメノポーズ協会の理念

女性の持つ人間力や仕事力を活かしていくことが、いま社会を支える原動力として重要で あると考えます。また、健康で、持てる能力を活かしながら溌剌と働き生きることは、女性自身 が自分らしい人生を作る基盤となるしょう。

当協会の「電話相談」「女性の健康検定」などの活動は、こうした理念のもとに、女性たちが健康や働き方について の正しい知識を持ち、仕事や家庭、地域でもよりよく活躍してほしいとの願いを込めて実施し ております。「女性の健康検定」は、企業や組織の人材育成やマネジメント、地域活動の活性化などにもお役 立ていただけるものとなっています。


 

歴史と実績