子宮内膜症

hirutuki子宮内膜と同じ組織が、卵巣や腹膜など子宮以外の場所にでき、増殖していく病気です。子宮内膜は月経サイクルとともに、増殖と剥離、出血を繰り返しますが、子宮以外の場所にできた子宮内膜様の組織も増殖し、月経として排出できないために体内にたまってしまいます。

その結果、卵巣のチョコレート嚢胞や他の臓器への癒着が起こって、激しい月経痛や過多月経などの原因になります。

月経時の腹痛や吐き気などがひどいとき、レバーのような塊りの出血があるとき、腰痛や排便痛、性交痛などのあるときは、子宮内膜症の可能性もあります。放置すると不妊の原因にもなるため、婦人科を一度受診しましょう。

薬物治療では、OC(低用量ピル)、女性ホルモンの分泌を止め卵巣の働きを抑えるGnRHアゴニストなどが使われます。手術療法では病変のみ取り除く場合と、子宮や卵巣を取り除く場合があります。