女性のうつ

ao産後のマタニティーブルーがうまく改善しないまま、産後うつになり、慢性的なうつ症状を抱えてしまうことがあります。また、PMS(月経前症候群)など月経周期に影響される心の不調もあり、女性の心の疾患は男性とは違ったメカニズムで起こってくるのです。40代は、女性のうつがおこりやすい時期でもありますが、まず精神科(心療内科)ではなく、更年期外来や心の問題に詳しい婦人科を受診しましょう。

婦人科でも漢方や軽い抗うつ剤の処方が行われています。