月経がない 月経が不順・・・無月経・月経不順

《無月経》

妊娠中または授乳中、閉経後以外で、順調だった月経が3か月以上月経がない場合を「続発性無月経」といいます。続発性無月経は、18歳を過ぎても初経がこない「原発性無月経」と異なり、頻繁に見られるケースです。

要因としては、ストレスや過労、過度のダイエットにより脳の視床下部機能の低下と他の疾患が考えられます。

さらに続発性無月経には、エストロゲンのみ分泌されプロゲステロンの分泌が停止した「第1度無月経」と、エストロゲン、プロゲステロン共に分泌停止による「第2度無月経」があります。

治療法としては、分泌の不足を補うホルモン補充療法が有効です。

無月経は、放置期間が長引くほど卵巣機能が正常に働きにくくなりますので、それまで毎月あった月経2~3か月無い場合は、ぜひ婦人科を受診してください。

 

《月経不順》

 一般的に正常な月経は、3~7日間の日数で25日~38日の周期ですが、それ以外を月経不順とし、その症状は4種類に分けられます。

 

「稀発月経」:周期が39日以上~3か月以内の長いサイクル。ホルモンバランスの異常が要因とされます。卵巣機能の未熟な思春期、機能の低下する更年期に頻繁に見られます。

 

「頻発月経」:周期が24日以内の短いサイクル。黄体機能不全や無排卵周期症が考えられます。

*無排卵周期症・・・月経はあるが排卵を伴わない月経。環境変化のストレスや過度のダイエット・過度の運動、甲状腺疾患なども原因となります。また将来の骨粗鬆症や子宮体がんの危険性もあり、放置しないことが重要です。

 

「過長月経」:月経日数が8日以上続き、月経量も異常に多い過多月経を伴います。子宮筋腫、子宮内膜症が原因の場合もあります。

*過多月経・・・月経量は個人差がありますが、月経量が過度に多く(通常は約7日間で20~140mLが目安)昼間の時間帯で1時間ごとに昼用ナプキンを交換しなければ経血が漏れるような状態をいいます。子宮内膜症や子宮筋腫などの原因が考えられ、貧血の心配もあり、婦人科受診を勧めます。

 

「過短月経」:月経量が過度に少ない(20mL以内)過少月経や、ストレスや過度のダイエットなどでホルモンバランスの乱れによる無排卵周期症を伴う場合が多くみられます。子宮発育不全や子宮内の癒着なども原因に考えられます。

 
 
459