性交痛、膣の乾燥

tugai特にエストロゲンの減少が著しい50代すぎからは膣の分泌液が減り、粘膜が乾燥しやすくなります。そこで、セックスのときの痛みや出血があったり、日ごろからかゆみや痛みがあって困ってしまう場合もあります。

それ以外の更年期症状がないときは、飲み薬や貼り薬のHRT製剤だけでなく、膣錠で対応することもできます。エストリオール膣錠の作用は弱いので、黄体ホルモンなしで使用できます。

これは、年齢とともに女性の体に自然に起こる変化であり、パートナーにもぜひ知っておいてほしいことです。

性の問題は、男女ともに個人差が大きく、この年代では男性もED(勃起不全)などの悩みを抱えることもあります。この先の人生をともにするパートナーだからこそ、お互いの体の変化について話せる機会をもちましょう。