健康診断の受診 (特定健診の説明)

健康診断は、自分の健康状態を知り、異常の兆しを早くみつけて対処する指針となるものです。更年期を過ぎる頃から、血圧が高くなったり、血液中のコレステロールや中性脂肪が多くなる脂質異常症が現れやすくなり、糖尿病、肥満、心臓病や脳卒中などの生活習慣病のリスクも高くなります。

特定健診(いわゆるメタボ健診。対象は40歳から74歳))は、日本人の死亡原因の6割を占める生活習慣病の予防を目的に、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)に着目して実施されているものです。(健診の基本的項目は表を参照)。

腹囲が、男性は85cm以上、女性は90cm以上で、高血糖、高血圧、脂質異常のいずれか2つ以上ある場合はメタボリックシンドローム、1つある場合はその予備軍と判断されます。生活習慣病を発症するリスクが高く、生活習慣の改善で予防できると期待される場合には、保健師や栄養士による特定保健指導が受けられます。

実施主体は、自営業や定年後の方は市町村、勤めている方(妻など被扶養者を含む)は企業の健康保険組合になります。最近は、主に中小企業の社員が加入する全国健康保険組合(協会けんぽ)と、市町村のがん検診を合同で行う取り組みもでてきています。中には、肌年齢や、骨密度、血管年齢の測定を追加して女性の受診率アップにつなげているところも出てきています。詳しくは各実施主体に問い合わせて、上手に活用しましょう。

 

特定健診の基本的な項目   (全国健康保険協会  協会けんぽ ホームページより)

項目 検査の内容
 診察等  視診、触診、聴打診などを行います。
 問診  現在の健康状態や生活習慣(飲酒、喫煙の習慣など)を伺い、
検査の参考にします。
 身体計測  身長、体重、腹囲を測り、肥満度の指標であるBMIも計算します。
 血圧測定  血圧を測り、循環器系の状態を調べます。
 血中脂質検査  動脈硬化などの原因となる中性脂肪やHDLコレステロール、
LDLコレステロールを測定します。
 肝機能検査  肝細胞の酵素を測定し、肝機能などの状態を調べます。
 血糖検査  空腹時血糖またはヘモグロビンA1cを測定し、
糖尿病などを調べます。
 尿検査  腎臓、尿路の状態や糖尿病などを調べます。

 

自治体のがん検診(乳がん、子宮頸がん、胃・大腸、肺)のお知らせはホームページや広報紙などに載っているので、申し込みの締切日を見逃さないようにしましょう。自己負担は、0円から3000円くらいが多いようです。

この他、企業の健康保険組合の制度で受けるがん検診や、個人で受ける検診の費用については、各組合の窓口や医療機関に前もって確かめましょう。

乳がんは自分でも見つけられるがんです。入浴時などに自分でお乳をチェックして、しこりなどに気が付いたら、検診を待つのではなく,専門の医療機関で詳しい診察を受けましょう。この場合は健康保険で受診できます。早期発見こそが、乳がんで命を落とさない最善の方法です。