骨の健康づくり・・・生涯にわたる骨量は、Around20で決まる!

骨の健康づくりには、骨密度と骨質の状態を知ることが大切ですが、骨密度は、Around20の時期をピークに徐々に低下し、更年期に急減します。Around20の時期に高い数値の骨密度を確保した人と、低い数値の人では、将来の健康状態も健康寿命も大きな差となってしまいます。Around20は、その人の生涯にわたる骨密度の最大値が決まる重要な時期となります。

 

 

*食事で摂りたいカルシウム

 

骨密度の確保には、骨の材料となるカルシウムを1日に600㎎摂取することが必要といわれています。

 

・食品の100g当たりカルシウム含有量 例

牛乳(普通) 110 mg、プロセスチーズ630mg、豆腐半丁180mg、小松菜150mg、しらす干し(半乾燥)520mg、ししゃも350mg

 

787