HOME4つの作用

多くの研究結果からわかったエクオールの4つの作用

エクオールの作用メカニズムや体内でのはたらきについては、さまざまな研究が行われてきました。特に最近では、更年期症状をやわらげる、骨粗しょう症の予防と改善、皮膚や血管の健康を保つなど、ミドルエイジ女性の健康維持についてよい効果が期待されています。

1 エストロゲン様作用(エストロゲンによく似たはたらき)

2 抗酸化作用(からだの酸化を防ぐ)

3 抗エストロゲン作用(エストロゲンのはたらきを抑える)

4 抗アンドロゲン作用(男性ホルモンのアンドロゲンのはたらきを抑える)

エクオールのエストロゲン様作用とは?

エストロゲンが足りない時

エストロゲンの減少した体内で、エクオールがエストロゲン受容体(レセプター)に入ることで、エストロゲンに似たはたらきをします。

  • シミの改善、美白

目尻のシワの変化(レプリカ像)

加齢によるシワやたるみによい変化

エストロゲンは肌のコラーゲンを作り、エラスチンをつなぎとめる働きをして肌の潤いを保っています。そこで、エストロゲンが激減するミドルエイジからは、肌が乾燥しシワやたるみなどが出やすくなります。
エクオールを摂った人では、シワの面積が少なくなる、シワの深さが浅くなるなど、いずれも改善したという結果が出ています。

TOPへ