女性が健康で充実したライフキャリア
が実現できる社会づくりを目指して
-女性の健康について- このページは健康で快適でいるためにに関する記事です。

女性の健康について正しい知識を持とう

女性の健康に関する知識の必要性

「もっと早く知りたかった」、この言葉は、男女問わず多くの方からお聞きする言葉です。

日本では、学校でも社会人になってからも女性の健康課題やその対策について正しい情報を学ぶ機会はあまりありません。

しかし社会の半数を占める女性の多くは、月経が始まってから閉経までの間は女性のパフォーマンスに大きく影響する「月経トラブル」に振り回されたり、キャリア形成時期には「キャリアと妊娠・出産」というライフイベントの選択を迫られ悩んだり、さらに更年期には「更年期障害」という今までなかった不調に苦しむなど、ライフステージごとに女性特有の健康課題を抱えています。

このような女性特有の健康課題は、自分の力がうまく発揮できない、自分のキャリアをどのように積んでいったらよいかわからない、仕事が続けられなくなったなど、女性にとっても社会にとっても大きな課題となっています。

しかし、女性特有の健康課題の多くは解決できるようになってきています。

そのためには、まずは正しく知ることが大切です。

「女性の健康検定®」で学ぶ

女性の健康に関する医学的根拠に基づいた知識を得る一つの方法に「女性の健康検定」があります。これは一般社団法人女性の健康とメノポーズ協会が日本女性医学学会の後援をうけ、2012年から実施しているもので、年代別の女性特有の健康課題とその対策やワーク・ライフ・バランス(WLB)の基本的な知識を習得・理解された方を認定するものです。

女性の健康検定」で認定される資格には、女性の健康とより良い働き方について、基本的な知識を習得する「女性の健康推進員」と、女性の健康とより良いワークスタイルについて基本的な知識を習得する「女性の健康経営推進員」の二つの資格があります。