女性が健康で充実したライフキャリア
が実現できる社会づくりを目指して
-協会について- このページは社団法人女性の健康とメノポーズ協会についてに関する記事です。

協会の概要

女性の健康とメノポーズ協会

女性の健康とメノポーズ協会のミッション

女性が健康で充実したライフキャリアが実現できる社会作りと日本の成長に貢献したい

女性の健康とメノポーズ協会は、1996年の設立以来、女性の健康とライフキャリアの実現を融合した視点に立ち、市民、行政、医師・医療機関、企業、マスメディアなどへの働きかけを行うとともに、不偏の立場でそれぞれをつなぐ架け橋となるため、女性の健康支援・女性の健康教育・女性の健康経営の三つの事業を中心に活動し、女性が健康で充実したライフキャリアが実現できる社会づくりと日本の成長へ貢献することを目的として活動しております。

組織概要

事業

(1)女性の健康支援事業

  1. 電話相談(相談業務/女性の相談対話士養成・認定)
  2. ピアカウンセリング(カフェ)
  3. 医療施設の案内

(2)女性の健康教育事業

  1. 女性の健康・女性の健康経営に関する情報発信
  2. 女性の健康検定®
  3. 出張講座

(3)女性の健康経営事業

  1. 女性の健康経営®アワード(旧 女性の健康とワーク・ライフ・バランスアワード)
  2. 女性の健康・女性の健康経営に関する産業創出アドバイス

(4)その他、情報収集・発信・共有に関する活動

  1. 女性の健康・女性の健康経営に関する調査活動
  2. 女性の健康・女性の健康経営に関するフォーラム・セミナー等のイベント活動
  3. 出版活動
  4. 会員向けメールマガジン配信
  5. 女性の健康・女性の健康経営に関わる行政、医師・医療機関、企業、メディアなどとの情報交換・発信とネットワーク構築
  6. 女性の健康・女性の健康経営に関する要望・提言

歴史

  • 1996年  ボランティア団体「メノポーズを考える会」として発会
  • 1997年  女性の健康とメノポーズフォーラム第1回開催
  • 1998年  女性の健康電話相談を開始(火・木 週2回 無料)
  •       日本更年期医学会(現 日本女性医学学会)学術集会にて女性の健康調査報告
  • 1999年  国際閉経学会にてブース開設
  •       第4回ノバルティス・メノポーズ・アワード受賞(理事長 三羽良枝)
  • 2004年  NPO法人格取得
  • 2008年   厚生労働省 女性の健康推進懇談会構成員として「女性の健康週間」創設・「女性の健康宣言」発表に関わる/台湾・北欧への更年期医療視察調査
  •       『男も女も更年期から始めよう』(協会編著)が「ミセスが選ぶ BOOK大賞」(リビング新聞)入賞
  • 2010年  アジアパシフィック国際閉経学会(シドニー)にて演題発表
  •      働く女性のワーク・ライフ・バランスと健康調査実施
  • 2011年  「女性の健康とメノポーズ協会」に名称変更 / 被災地女性支援活動を開始
  • 2012年  第1回「女性の健康検定®」を実施
  • 2015年  内閣府男女共同参画局 女性のチャレンジ賞受賞(理事 有馬牧子)
  • 2016年  新宿区「女性の健康づくりサポーター養成研修」受託
  • 2020年  一般社団法人格取得

出版物