女性が健康で充実したライフキャリア
が実現できる社会づくりを目指して
-女性の健康について- このページは更年期の症状に関する記事です。

不眠(眠れない、夜中に目が覚める)、精神的な症状(やる気が出ない、うつっぽい、不安、イライラ、怒りっぽい、パニック感等)

更年期の精神症状はなぜ起こるのか

更年期の症状として、多くの人がホットフラッシュやほてり、皮膚の乾燥などの身体症状以外に、不眠や、イライラ、落ち込み、不安などの気分障害(うつ症状)を感じています。元気で快活な性格だったのに、この頃急に落ち込んで外にも出たくないなど、ひどい心のゆれを感じる人も少なくありません。

エストロゲン減少とセロトニンの関係

女性ホルモンのエストロゲンは、脳内ではセロトニンやノルアドレナリンなど脳内神経伝達物質の正常な働きを守る働きをしています。これらの脳内物質はどちらも外部からの情報を制御し精神を安定させる働きを持っていて、うつ病ではこれが不足していることがわかっています。しかし、更年期に入ってエストロゲンが減少することにより、セロトニンやノルアドレナリンの機能も低下してしまう。このことが、更年期症状として「ゆううつ」「イライラする」「やる気が出ない」などのうつ症状やパニック感、不眠に悩む人が増えることに関係すると考えられています。そこで、特に更年期に入って起こる精神的な症状については、HRTでエストロゲンを補充することによる改善効果が認められています。

更年期のうつ症状、不眠は改善できる

更年期のうつ症状に関する電話相談の中には「うつ症状で起きられなくなり、仕事をやめてしまった」「集中力が落ちて的確な判断ができなくなり、これまで取り組んできたことを手放した」というものもよく寄せられます。しかし、いま述べたように、更年期に入って起きている精神症状に対しては、HRTに改善効果があり、向精神薬なども含め、適切な治療を行うことでうまくコントロールできることが多いのです。

重要な判断を急がず、十分な休養を

そこで、いきなり襲ってきた精神症状にあせりや戸惑いを感じ、今までやってきたことをあきらめるという決断をしないことをおすすめします。やめたことで、のちに「更年期の治療を受けて改善したのに、あのときやめたことを後悔している」という声も聞くからです。これまで生きがいや誇りを持って続けてきた仕事や活動を失うことは、人生設計そのものを変えてしまうことにもなるのです。まず、婦人科を受診して診断を受けましょう。これまで忙しすぎた人はできるだけ休養をとり、自分の体の声を聴く時間を持つことが重要です。その上で、仕事をどうするかなど重要な判断は急がないこともお勧めします。

更年期のうつ症状なのか、見極めは重要

ただし、すべての不調を更年期のせいと考えるのではなく、場合によっては精神科や心療内科を受診して、カウンセリングを含めた心のケアを受ける必要もあります。女性が一生の間にうつ病にかかる率は、男性の2倍も高いとされています。中でも、好発期は40代とされ、女性にとって体力の低下とともにメンタル面でもエネルギーがなくなりやすい時でもあるのです。更年期のうつ症状なのか、精神科の専門医療を受けるべきなのか、その判断を適切に行うために、まずは一人で悩みを抱え込まないことです。とくに精神症状が強いと感じる場合には、家族の協力も得て婦人科と精神科の両面から専門医に相談することをお勧めします。

産後うつと更年期うつの関係

最近では、産後うつを経験した人や、PMS(月経前症候群)が非常に重かった人では、更年期にもうつになりやすいという報告があります。心当たりのある人は、日ごろから婦人科がん検診などを通じて、更年期医療にも詳しい産婦人科医とのつながりを持ち、不安感や悩み、心の動揺を相談できるようにしておきましょう。当協会では、生涯にわたる婦人科医のパートナードクターを持つことをおすすめしています。

更年期の浅い眠りとうまくつきあうには

これまでに「月経の前はいくら寝ても寝足りない」と、感じたことのある人も多いでしょう。これも月経周期に伴う女性ホルモンの変動が関係するとされています。特に更年期には、エストロゲンの急激な減少により睡眠の質が低下し、眠りに入りにくい、夜中に目が覚める(中途覚醒)、朝方早く目が覚めるなど、眠りは浅くなりがちです。こうした不眠、熟眠感のなさが月経不順のはじまる40代中盤で起こると、まさか更年期の症状とは気づかない場合もあるようです。また、ホットフラッシュやほてりは、夜中に起こることもあり、汗をかいて寝苦しさに目が覚めるということもあります。そうして着替えたりしていると目が冴えてしまうとか、眠れなさにこれからのことなどをあれこれ考え、不安になってしまうという声も電話相談にはよく寄せられます。

月経不順になり、女性ホルモン不足による症状として始まった不眠は、HRTにも効果があることがわかっていますので、まず婦人科に相談してください。睡眠導入剤を少量で処方してもらう場合もありますが、「薬を飲まないと眠れない」という状態にならないよう、生活の見直しやいい眠りのとれる習慣づけも大切です。

日中の生活リズムを大切に

「寝なければ」と思うと心身に緊張をもたらす交感神経が高ぶり、よけいに眠れなくなります。寝る時間を決めて寝室に行くのではなく、眠くなったらふとんに入るという考え方にかえてみましょう。そのほか「寝る1時間ほど前にゆっくり入浴する」「ベッドにスマホを持ち込まない」など安眠のためのヒントはさまざまに言われていますが、むしろ寝る前よりも日中の過ごし方を変えたほうがいい場合もあります。たとえば、体調が悪いせいで一日家にいて座ったり横になっている時間が長いと、メリハリのない一日になりがちです。「昼は日の光を浴びて活動し、暗い夜になったら眠る」というヒト本来の生活リズムが崩れて、夜の睡眠はますます浅くなってしまいます。そこで、できるだけ朝を覚ましたらカーテンを開けて日光を浴び、朝食をとる習慣を崩さないようにしましょう。明るいうちに一日に一度は外に出て体を活動モードにし、昼寝は午後3時より前に行うことをおすすめします。

【みんなが感じている不眠・精神症状】(当協会電話相談より)

不眠(眠れない、夜中に目が覚める)

眠りが浅く、朝方4時頃に目が覚める。肩から首にかけてパンパンに張って動かない。(53歳・閉経48歳)

半年前から不眠がひどく、うとうとしているだけのようで頭がはっきりしない。寝不足のせいか目の下にいつもクマがあり、しみ、そばかすも目立ってきた。鏡を見るのもうんざりしてしまう。月経は周期が短くなってきた。(49歳・未閉経)

夜中に何度も目が覚めて寝た気がしない。昼間はだるくて、掃除や洗濯など家事の途中に休まないといられない。更年期といえばホットフラッシュだけかと思っていたのに、不眠やだるさまであるとは知らなかった。(51歳・未閉経)

ふとんがずっしりと重く感じ、胸が苦しくて寝付かれない。夜中に胸苦しさを感じて目を覚まし、「このまま息が止まってしまうのではないだろうか」と怖くなる。(50歳・未閉経)

朝4時頃に目覚めてしまう。眠りが浅いせいかイライラや不眠があって、精神科で精神安定剤をもらっている。朝は頭をはっきりさせるために濃いコーヒーを飲んでいるが、ある人に「外国では更年期の時期はカフェインを取らないのが常識」といわれたが本当だろうか。(50歳・未閉経)

夜中にのぼせて目が覚める。汗を拭いたり、下着を変えたりしていると目がさえて、そのまま眠れなくなり、枕を持ってうろうろ歩き回っている。夫に話しかけると嫌がられ「病院へ行ってくれ」といわれる。(57歳・閉経53歳)

うつ気分、何もしたくない、涙もろい

閉経してから自分の性格が変わってしまったような気がする。明るくて社交的だったのに、人と話すことさえいや。(52歳・閉経51歳)

もともと人間関係のストレスを受けやすく、すぐ落ち込むところがあった。最近はなかなか立ち直れず、朝、目が覚めて「また朝が来たのか」と思うと気分が重く吐き気がしてくる。家族には「なまけている」「しっかりして」と言われるが、そのことばに奮起して頑張ろう、打ち勝とうという気力が出ない。(51歳・未)

月経はまだあるが、ダラダラ長く続いてうっとうおしい。やる気はあるが体がついていかない。職場では気張っているので「元気だよねー」といわれるが、家に帰るとどっと疲れる。(53歳・未閉経)

38歳で離婚し、子どもを抱えてとにかく頑張ってきた。閉経前ごろから心が壊れてしまった感じ。喜びがなく、涙を流すこともない。何もかも落ちていくよう。(52歳・閉経49歳 )

めまいがあり気分が落ち込む。朝起きると涙が止まらない。以前は家のことがきちんとできたのに、今はできなくなった。(48歳・閉経48歳 )

この1年、落ち込みや不安が続いている。毎朝・毎晩、血圧をはかると高めなことが多く、それも不安。基礎体温では低温期がずっと続いているので更年期の兆候かと思うが、まずどの病院にかかったらいいのかわからない。(45歳・未閉経)

体が重く、デパートが大好きだったのにいやになってしまった。料理も作りたくない。なまけものになってしまった。何もできない罪悪感でいっぱい。不眠。うつ。これまでにないことが起こっている。(50歳・未閉経)

5年前、閉経した頃にはホットフラッシュがひどかった。最近になってうつっぽい。婦人科の受診は5年以上していないがもう一度行ったほうがいいだろうか。(57歳・閉経52歳)

運転中にめまいを感じ、全身の力が抜けていくような気がした。体重が6キロ減った。人に弱みを見せられない性格で、悩みごとも相談できない。体調が悪いのでメイクもせず、家にひきこもって暮らしている今の自分が信じられない。(56歳・閉経52歳)

突然家事ができなくなり、献立も浮かばない状態が1年。精神科やカウンセリングにも通って精神科の薬も飲んだが納得できなかった。婦人科で更年期障害と言われてホッとした。HRTを処方されたが、薬を飲むことにいい印象がなくて躊躇している。このまま時期がきたら自然に治ることはないのだろうか。(57歳・閉経53歳)

以前は明るく元気な性格だったのに、今までの力を出そうとすると午前中だけで疲れて午後ぐったりしてしまう。腰痛、肩こり、不安などもあり家事もできない。(53歳・閉経50歳)

不安感、パニック感

夜、寝る前やふとした拍子に、30年も前のいやな思い出が突然思い出され、たとえようもないほどの不安な気持ちが、20分から30分ぐらい続いたりする。どうしようもないのでお酒に頼るようになってしまっている。(51歳・未閉経)

半年ほど前に電車の中で頭痛、めまい、吐き気などが起こって具合が悪くなり、それから電車に乗れなくなってしまった。めまいが続いて体調が悪く友人とも会えない。さびしいので同じ症状の人と話したいと思い、オンラインメノポーズカフェに申し込んだ。(48歳・未閉経)

動悸やのぼせ、不安感などの症状がある。私は一人ぼっちだと感じる。自分一人で考えても考えても結論が出ないし、いい先生に出会って解決したいが、今は電車にも乗れない。(47歳・未閉経) 

急にドキドキしたり、手足のしびれやこわばりもあるが、脳の検査や心電図では悪いところはなかった。神経科では不安神経症といわれた。人に会うのがいやで、ごみ捨ては夜中にしている。 (45歳・未閉経)

半年前から不安感が募り、電車やバスに乗ると心臓がバクバクして落ち着いていられない。以前はショッピングも大好きだったのに、夫が一緒でないと外出もできないようになってしまった。こんな症状の人は他にもいるでしょうか。(52歳・未閉経) 

閉経からしばらくして人ごみの中で倒れ、救急車で搬送。過換気性症候群と言われて、そのまま数日入院した。今も不調で食欲がない。そのため体重が減って筋力も落ち、だるくて動けない。(50歳・閉経49歳)

閉経した頃に夫の入院があり、それをきっかけでこれまでのこと、これから先のことをいろいろ考えてしまうようになった。今は家で療養中の夫を看ながら、大学の社会人講座、カラオケ、ヨガと毎日動き回っている。急き立てられるような不安があり、何かしていないといられない。夜中に目が覚めるとすごい不安が襲ってくる。(56歳・閉経52歳)

イライラ、怒りっぽい、物忘れ

2年ぐらい前からなんでもないことにイライラして怒鳴ってしまったり、急に不安になったりという不調が続いており、自律神経異常ということで安定剤や睡眠剤を服用してきた。月経が不順になり、そろそろ更年期なのかと思うようになった。(46歳・未閉経)

わけもない落ち込みやイライラなどがあり。気分転換のためにスポーツクラブに通ったりしたが何をしても変わらない。1年近くこんな症状が続いているため、最初はいろいろ気を使ってくれた両親や夫ももううんざりした態度。(46歳・未閉経)

大事なお金の振込みや待ち合わせの時間など、これまでまさか忘れるはずはないと思っていたことを忘れるようになってきた。発汗や皮膚の乾燥なども出てきた。35歳で子宮筋腫のため子宮の全摘手術を行ったので月経はないが、卵巣は残っていたので、今になって更年期ということなのだろうか。(53歳・閉経35歳)

ここ数か月、今までにないイライラ、不安、動悸、立ちくらみなどが起きるようになった。食べ物にも神経質になり、ちょっとした味の違いや衛生的なことなどが気になって楽しく食べられない。(46歳・未閉経)